工務店とハウスメーカーの違いを知ろう

ハウスメーカーを知る

ハウスメーカーの特徴

ハウスメーカーは、住宅建設に使用される部品を工場で生産し、効率よく建設が終了するようにシステム化している住宅建設会社のことを指します。
地域限定で展開するのではなく、全国という広い地域で展開しています。
数種類の規格で決まっている部品から、注文者が好みの部品を選んで設計を組み立てていきます。
オプションや組み合わせも考えて、案を練っていきます。
部品は規格が決まっており、大量生産で部品は作られていくため、品質が一定に保たれています。
部品を組み合わせて考えることができるため、ある程度自分好みの住宅にすることはできます。
組み立てたものを目にするため、住宅の完成図を想像しやすいですね。
また、工場生産の部材を使用して工場で組み立てた物を現場で使用するため、工期は短いということも特徴です。

選ぶポイント

ハウスメーカーも多く存在します。
選ぶ際のポイントですが、まずはデザイン性です。
ハウスメーカーによって、デザインが異なります。
落ち着きがあるデザインがいい、天井が高い空間にしたいなど、要望があるかと思います。その要望がどのハウスメーカーの強みと重なるのかを見てみると良いかと思います。
次に、住宅の耐震やそれに対する技術力です。
日本は、地震大国ですから、何十年たっても耐震性能が劣らずに生活できる住宅だと安心ですよね。
注意して見るべき視点は、どのような構造で工法を用いているのか、使用する部品の品質はどうなのか、耐震性は何で保障しているのかという点です。
パンフレットやインターネットで確認できる点もあるかとは思いますが、ぜひ社員の方に聞いて内容を確認することが安心です。